【10/23の日経平均】

 終値 23,517円(先週末比+106円)

【シカゴ日経平均先物 23日】(かっこ内は大阪日中比)

 円建て12月限 23,550円(+60)

【ロイター見通し概略】

 企業決算に注目との表現

 詳しくは
 https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2HE24U

【勝手な個人見解!】
 ----------------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ----------------------------------------------------------
 2021年10月末に向けての225価値想定18,500円
 ※価値想定は予想ではありません。
  市場マインドがニュートラルの場合の株価とお考え下さい。

 買い建て指数0.0%(暫定版)おおむね現金確保

 ※リバランスポイント参考値(暫定版)
   基準株価   下落時    上昇時
  ○20,500円   0%→0%   10%→0%
   20,100円   0%→10%   20%→10%
   19,600円   10%→20%   30%→20%

 ※上下指数参考値 (暫定)
   週末×1.10 25,868円  0.0%
   週末×1.05 24,692円  0.0%
   週末÷1.05 22,397円  0.0%
   週末÷1.10 21,379円  0.0%

  #リバランスポイント、上下指数については
  # https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-107.html
  #をご参照下さい

〇個人見解の補足

  (私に言わせれば)高値圏ではあるが、落ち着いた動き
  と言う表現になるのでしょうか?!

  昨日の朝日新聞によると。

  年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と
  日本銀行が東証1部企業の8割約1830社で
  発行済株式の5%を超える大株主となっている

  との事。

  マトモな状態とは言いにくそうに感じます。

  とは言え日銀もGPIFも急に株を売りに回る
  ワケでもないでしょうから、
  暫くはこの点での心配はしなくても良いと
  思いますが・・・

  今後、年金が支払資金を用意する必要が出てくる、
  又は、物価が上がって円が下がる。

  #高齢社会になると皆が貯金を取り崩す
  #すると国債の買い手が減り、円が下がる。
  #これがインフレにつながる図式です。

  今のままでは、いずれ、そんな時代が来ると
  感じています。
  でも政府は「知らんぷり」ですねぇ。

  皆さん、自分でそんな時代に備えましょうね!

  さて、前回に引き続き、「行動ファイナンス」と
  「ポジティブフィードバックモデル」。

  「合理的な裁定取引投資家」に近づく努力をして
  得られたシミュレーション結果をご紹介しました。

  さらに、前回は単純なリターンだけの比較でしたが
  今回はリスクレベルを同じにした時のリターン比較
  を見て頂きます。

  普通の買って持って置くだけ 1.45倍(レバレッジ1倍)
  通常のActiveReBalance    2.40倍(レバレッジ2倍)
  行動ファイナンス対応版   4.80倍(レバレッジ4倍)
  #レバレッジを上げてもリスクは同じという事です。

  いかがでしょうか?!結構効果ありますよね!

  さて、これはどうやって実現するのか?!

  答えは「トレーリングスタート、ストップの導入」です。

  「合理的な裁定取引投資家」は、
   ・どこまで値上がりするか
   ・どこまで値下がりするか
  を、分かっている存在とされます。

  ですが、こんな事は現実には不可能です。

  そこで、次善の策として

  「値上がりしている間は売らずに持っておいて、
   値下がりし始めたら、急いで売る」
  
  もしくは

  「値下がりしている間は買わずに待っておいて、
   値上がりし始めたら、急いで買う」

  という事を考えます。

  これだけを聞いてしまうと、
  テクニカル的な売買に聞こえてしまいますね。

  でも、これは違います。
  テクニカルだけでは全く効果なし。

  ActiveRebalanceを併用したトレーリングは
  あくまで、財務情報分析からの妥当株価水準を
  規準にします。

  ただし、トレーリングを併用する事で
  これまで「逆張り」だったActiveRebalanceを
  「順張り」に変更する事になるのです。

  こうする事で「落ちてくるナイフを掴むな」
  と言う相場格言を実行できるワケです。

  一番顕著な効果は「リーマンショック」の被害が
  わずか15%のマイナスに留まったあたりでしょう。
  #普通に株を持っていたら60%マイナス。

  また長くなりそうなので、次回以降にて!
------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
  ○アクティブリバランス投資法、実行マニュアル
   https://ynavi.info/mag/act2.html
  ○主なバックナンバー
   https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
  ○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2020.10.24 Sat l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top