【2/3の日経平均】

 終値 27,509円(先週末比+127円)

【シカゴ日経平均先物 3日】
(かっこ内は大阪日中比)

 円建て3月限 27,620円(+130)

【ロイター見通し概略】

 神経質との事

 詳しくは
 https://00m.in/EQrkz

【勝手な個人見解!】
 ------------------------------
 ※あくまで個人見解です。
  結果について、責任負えません。
 ------------------------------
 2024年2月末に向けての
 日経平均価値想定23,600円
 ※価値想定は予想ではありません。
  市場マインドがニュートラルの場合の
  株価とお考え下さい。

 買い建て指数0.0%(暫定版)
 おおむね現金確保

 ※リバランスポイント参考値(暫定版)
   基準株価 下落時 上昇時
  ○26,100円 0%→0% 10%→0%
   25,600円 0%→10% 20%→10%
   25,200円 10%→20% 30%→20%

 #リバランスポイントについては
 #https://ynavi.info/t/tenso/rebpoint
 #をご参照下さい

〇個人見解の補足

  アメリカの金融引締めに続いて
  日本でも日銀、黒田総裁の退任に伴う
  金融政策の変更が囁かれています。

  ・・・と、言うか・・・

  元々は年率2%程度のインフレを目指す
  のが日銀の政策だったはずで、今の年率
  4%のインフレは「目標達成基準」。

  ただ厄介なのは、日銀が狙っていたのは
  景気が良くなり、収入が増えた上での
  インフレだったのが・・・

  輸入物価(石油、天然ガス、小麦等)の
  上昇に伴う「悪いインフレ」である事。

  あわせて
  Google,Apple,Amazon,FaceBook等の
  業績不調が報じられています。

  普通に考えて、世界全体が
  不景気の中でのインフレ
  「スタグフレーション」
  に陥っていると思われます。

  そんな中、特にアメリカの株価が意外に
  強いのは、コロナやウクライナに関する
  アメリカ(+EU)の財政出動の影響?

  特にコロナでは200兆円
  (日本の国家年間予算の約2倍)
  もの財政出動をしているワケで...

  これが市場に溢れている状態。

  この資金が、金融市場から実物市場に
  移動しているのが現在の状態だと
  思われます。

  ところがアメリカの財政出動も
  そろそろ限界とのウワサもあり。

  なにせ、国としての黒字、赤字を示す
  経常収支でアメリカは断トツのビリ。
  (年100兆円程度の赤字)

  https://00m.in/suQzY

  つまり、アメリカは世界から借金を
  しながら生活していると言うワケです。

  これを反映して、ここ20年程度
  米ドルは下落傾向が続いているとの事。

  近々、これに火がついて、ドル安が
  一気に進むとのウワサも出ています。

  この話は極端かもしれませんが、
  長い目で見ると、米ドルが世界の
  基軸通貨でなくなる可能性はあります。

  #ひと昔前の基軸通貨は英ポンドです。
  #今となっては信じられないですよね。

  最近出回っている、投資本をみると、
  多くが「アメリカ株を買え」となってい
  いますが・・・。

  おそらく、これは経験則だけの根拠。

  米ドルが信認を失う可能性も考えた方が
  良いですよね!
----------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   https://ynavi.info/t/tenso/actreb
  ○主なバックナンバー
   https://ynavi.info/t/tenso/mback
  ○理論背景、詳細解説リンク集
   https://ynavi.info/t/tenso/actlink
----------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2023.02.04 Sat l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top