【6/4の日経平均】

 終値 9,901円(先週末比+117円)

【シカゴ日経平均先物 29日】(かっこ内は大証終値比)

 シカゴ日経平均先物6月限(円建て) 終値 9610 (‐320)
 大証日経平均先物6月限      終値 9930


【モーニングスター見通し概略】

 来週の東京株式市場は、上値追いの展開か。
 テクニカル的な底堅さが感じられ、外部環境が変化しな
 いとの条件の元、自立反発が想定される。
 欧州問題は引き続き注視が必要。

【フィスコ見通し概略】

 外部環境に神経質な相場展開。米国雇用統計の結果や週
 末のユーロ安等の波乱材料の展開によっては年初来安値
 を試す可能性もある。国内企業の業績が底堅さに繋がる
 可能性もある。新政権に注目。

【勝手な個人見解!】
------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ------------------------------------------------

 2011年3月末に向けての想定1万2500円は変更せず。
 買い建てポジションは継続。
 #若干、想定の下方修正も視野に入ってきました。

 〇個人見解の補足

 先週末に始まった回復の流れが、鳩山首相辞任で加速。
 日本の週末までは「いったるでー」ムードでした。
 ところがその夜、アメリカの雇用統計が発表されると
 一気に失望ムード。
 上記のモーニングスターの記事が雇用統計発表前、フ
 ィスコの記事が発表後です。面白いでですね!

 にしても、

 ・「首相辞任」で株が上がり
  =>本当は米の住宅販売や新車販売台数の結果が良
かったと言うのが一般的解釈!
 ・「外国の雇用統計」で株が下がる

 本当に日本は変な国ですねぇ(苦笑)
 
 結局、今の日本は海外に(特に米)物を買ってもらえ
 ないと食ってゆけない国だという事です。

 反対に国内の消費が落ち込んでも、海外で消費しても
 らえるならば、日本企業の業績はUP。株価も上がり
 ます。

 さて、この雇用統計。まだ大騒ぎするほどではありま
 せんが、個人的には欧州問題以上に注視しています。
 なぜなら、これが米の景気低迷に繋がると、今年度の
 企業業績に影響を与える可能性があるからです。

 例えば、今予想されている今期利益予測は日経平均で
 1株あたり575円ですが、これが300円レベルに落ち込
 む事も想定しなければならないかもしれません。

 そして米の景気低迷が続けばあまり円安は期待できず
 株主資本も8000円レベルになってしまうかもしれませ
 ん。

 と言っても、この程度であれば

 株価(11000円)=株主資本(8000円)+利益予測300円×10

なんて試算に至ります。あわてて売る必要は別にない
 と思っています。

 しかも、この利益300円の水準・・・本当に最悪と言え
 る低いレベルです。
 #過去8年をとるとリーマンショックを含めても、日
 #経平均は毎年365円ずつ株主資本を増やしてきていま
 #す。
 
 つまり最悪の想定でも、目先株価が1.1万円。
 世界景気が持ち直して、一株500円~800円レベルの利
 益が出せるようになれば、更に上を目指せる。

 なんて考えています。

 グダグダ書きましたが、要は「今の株は安い!」と言
 う事。
 「中長期では上を目指せる」にはブレはありません。

 あいも変わらず、企業業績や資産価値に目を配りつつ、
 のんびり「買いポジション継続」で~す。
 
 想定の詳細は先週と変わりません。

 詳しくは
  想定の詳細
 にて

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.06.05 Sat l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://gookabu.blog.fc2.com/tb.php/42-a8477622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)