【7/30の日経平均】

 終値 9,537円(先週末比+106円)

【シカゴ日経平均先物 30日】(かっこ内は大証終値比)

 シカゴ日経平均先物9月限(円建て) 終値 9535 (+ 5)
 大証日経平均先物9月限      終値 9530

【モーニングスター見通し概略】

 企業業績期待の買い継続で下値限定的か?!
企業決算は好調なものが目立ち。業績によって売り買い
 が分かれる素直な展開。主力企業の業績により下値は限
 定的と思われる。但し円高への期待感は根強く積極的に
 買いあがるムードは乏しい。

【勝手な個人見解!】
------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ------------------------------------------------

 2011年3月末に向けての想定1万1000円。
 買い建てポジションは継続。(新規買いまでセズ)

 〇個人見解の補足

 米中心の経済指標の悪さと、それと相反する好企業決算
 のはざまで揺れ動く株価・・・と言う感じの一週間でし
 た。

 リーマンショックをきっかけにした企業の体質改善が、

  「企業の景況感は良いが、市民の景況感は悪い」
   つまり、
  「企業が稼いだお金が市民に流れない」

 なんて状況を生み出している様に感じます。

 ただし、株価を決めるのはあくまで「企業の収益」です。
 個人投資家は「個人の景況感」に影響されてしまいやす
 いので、そこは要注意。

 とは言っても、「世界の顧客」北米の市民景況感が悪い
 と、結局は企業収益にも影響でてしまいます。
 このあたりは微妙なバランスです。

 そして、緊急経済対策の打ち止めも近づいていますので
 あまり楽観はできませんネ。

 私の想定は、4月の業績予測(一株利益580円水準)
 は「その内、下方修正が入る」を前提にしています。

 そして「一株利益340円と言うレベルで今年度決算」と
 の仮定。
 極端な円高にでもならなければ無理は無い範囲と思って
 います。

 しかしながら、「緊急経済対策の打ち止め」の悪影響を
 指摘する声は大きく、心理的/需給的な逆バイアスの継
 続はまだまだ続きそうですネ。

 でも年単位でみれば「心理的/需給的な逆バイアス状態」
 の今、とってもお買い得と思います。
 目先は下げるかもしれません、ですが、今じっくり仕込
 んでおけば悪くても2~3年後には、
 「心理的/需給的な順バイアス状態」の時期がきっ
 とやって来ると思いますヨ。

 てなワケであいも変わらず、のんびり「買いポジション
 継続」だす。

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.08.01 Sun l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://gookabu.blog.fc2.com/tb.php/59-23578c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)