【8/6の日経平均】

 終値 9,642円(先週末比+105円)

【シカゴ日経平均先物 6日】  (かっこ内は大証終値比)

 シカゴ日経平均先物9月限(円建て) 終値 9590 (‐60)
 大証日経平均先物9月限      終値 9650

【ロイター見通し概略】

 来週の東京株式市場は強含見通。為替次第の展開続くが、
 堅調な企業業績での底堅さもあり。
 米国債の大量入札など波乱要因があり上値は高くないと
 の見方も多い。
 日経平均予想レンジは9500円─1万円。

【モーニングスター見通し概略】

 来週の東京株式市場は前半は動意の乏しい展開を予想。
 日銀金融政策決定会合とFOMCの結果とそれに伴う円
 相場の方向が、来週後半からの日本株の方向性を定める
 ものとみて良さそう。

【勝手な個人見解!】
------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ------------------------------------------------

 2011年3月末に向けての想定1万1000円。
 買い建てポジションは継続。(新規買いまでセズ)

〇個人見解の補足

 先週は短期筋の株/債券裁定が入りややこしい展開
 だった様ですが。
 週末終値で見ると
  「9408円→9430円→9537円→9642円」と
 徐々に水準が切り上がってきてはいます。

 円高がここまで進んだ上でのこの株価は「案外底堅い」
 と言う印象。

 なんとなく、今年1月末~2月初旬の動きに近いものを
 感じるのは私だけでしょうか?!

 とは言え、米雇用統計はやはりヨロシクない結果に終わ
 った様ですので
 「先行きの景気には不安」とのムードは継続しそうです。

 ここでFOMCが動いて日銀が動かないと「円高~!」
 なんて心配される向きもいらっしゃいますね。

 足元の業績がかなり良いとしても「世界の顧客」北米の
 市民景況感が悪いと、年間でみた企業収益は疑問視され
 てしまいます。

 あとは、「北米市民の景況感」や「各国の緊急経済対策
 打ち止め」の影響がどの程度企業業績に影響するか?!

 微妙な判断が要求されますね!

 私の想定は、4月の業績予測は「その内、下方修正が入
 る」を前提にしています。
 まあ妥当な範囲だと思っています。

さらに言うと、経済指標が云々する以前に今の株は安い
 と思っていますので、年単位で言えば「まあ上やろ!」
 てなもんです。

 と言うワケであいも変わらず、のんびり「買いポジショ
 ン継続」だす。

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.08.08 Sun l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://gookabu.blog.fc2.com/tb.php/61-2681dbc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)