【3/19の日経平均】

 終値 16,553円(先週末比▲2,007円)

【シカゴ日経平均先物 20日】(かっこ内は大阪日中比)

 円建て6月限 17,030円(+480)

【ロイター見通し概略】

 転換点探る。大きな値動きとの表現

 詳しくは
 https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-wklyoutlook-idJPKBN2160TJ

【勝手な個人見解!】
 ----------------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ----------------------------------------------------------
 2021年3月末に向けての225価値想定17,500円
 ※価値想定は予想ではありません。
  市場マインドがニュートラルの場合の株価とお考え下さい。

 買い建て指数61.9%(暫定版)おおむね中立

 ※リバランスポイント参考値(暫定版)
   基準株価   下落時    上昇時
   17,900円   30%→40%   50%→40%
   17,400円   40%→50%   60%→50%
  ○16,700円   50%→60%   70%→60%
   15,900円   60%→70%   80%→70%
   14,900円   70%→80%   90%→80%

 ※上下指数参考値 (暫定)
   週末×1.10 18,208円  32.0%
   週末×1.05 17,380円  48.8%
   週末÷1.05 15,765円  71.5%
   週末÷1.10 15,048円  78.7%

  #リバランスポイント、上下指数については
  # https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-107.html
  #をご参照下さい

〇個人見解の補足

  来期の業績予想が、現時点で今期比半減?!との報道があり
  「保険的」に想定価値を見直しました。

  https://www.nikkei.com/article/DGKKZO56833490W0A310C2EN1000/

  算出根拠は今期予測の一株利益約1230円を基準に
  来期一株利益が半減の615円を仮定。

  私は設定していた来年の一株利益を935円を615円に修正。
  これで、マイナス320円

  さらに、ワクチンが出来るのが18か月先等の報道もあり、
  影響はさらに再来期まで続くと考え500円減額としました。

  #単にキリを良くしたかっただけですけどねw

  ちなみに、その翌年(2023年)以降は935円の一株利益が確保
  できる前提にしています。

  良く分からない事が多いので、まずは悪い方に振っておいたと
  解釈頂ければ思います。ですから、すぐ戻すかもしれません。

  あわせて20日は日本市場がお休みでしたので、シカゴの終値
  から考えた「買い建て指数55.0%」の方が今週末の指標として
  は妥当かもしれません。補足しておきます。

  【重要】------------------------------------------------

  現状、これらの判断は弱気すぎる可能性もあり、もし急な株価
  上昇があった場合は慌てて売らずに、週末の私のレポートを参
  考に対処頂ければと思います。(反対も同様)

  #想定を上方にも下方にも修正する可能性があります。

  不要なロスカットや買い増しを防ぐ処置とお考えください。
  --------------------------------------------------------

  さて先行きの見えないコロナですが、病気そのものは既存の
  治療薬の応用可能性が見えてきたなど、ここ1~2年で収束
  できそうな雰囲気は出てきました。

  #ただ目先のヨーロッパや今後アメリカの人工呼吸器不足等は
  #深刻になりそうで、心苦しいものは感じますが・・・

  反面、ついに表面化したボーイング社の債務危機。

  私の警戒している「灰色のサイ」債務バブル崩壊の連鎖表面化
  につながらないとも限らず・・・。

  皆様のご記憶にも新しい、イタリアやスペインの国債リスクな
  んて事も、このコロナをきっかけに発生しかねないですよね。

  とは言え、巷で語られる

   「日経平均7,000円説、10,000円割れ説」

  は、ちょっとどうかと思います。
  #結構な有名人が動画流したりしているのですよねぇ(苦笑)

  日経平均7,000円説を言う人は、単純にリーマンショックの後
  7,000円近くまで行った事を理由にしているダケみたいです。

  ですが、当時の日経平均一株自己資本は8,138円。
  そして、今の同一株自己資本は13,500円。

  ですから同列に比べるには無理がありすぎます。

  さすがにこんな株価になる頃には、一株自己資本の毀損も覚悟
  しなければならないでしょう。

  とは言え、悪く見ても12,000円程度は確保できるでしょう。
  #この一株自己資本12,000円は相当に弱気な想定です。

  これを単純に日経平均7,000円時点のPBR0.86倍を当てはめると

  12,000円 × 0.86倍 = 10,320円

  これが本当の最悪日経平均ではないでしょうか?!

  #もちろん、関東大震災とか別の要因があれば別です。

  ちなみに、日経平均が1万円割れをしていた時期のPBR。
  平均は約1.25倍です。

  すると当時の1万円を今に換算するイメージは、

  12,000円 × 1.25倍 = 15,000円

  つまり、15,000円割れが当時の1万円割れと同レベル。
  #これも、震災や大きな不良債権発覚とかあれば別ですw

  こう考えると「日経平均7,000円説、10,000円割れ説」等は
  デマに近いと思いませんか?

  いずれにせよ、単なるイメージに踊らされることなく、適切な
  情報を適切に数値化して織り込んで行ければと思います。

  そして、今はまだ「悲観」に備える時期だと感じます。

  投資資金には余裕をもって、「その時」に備えましょう。
  #「悲観」がこなかったらごめんなさい!
------------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
  ○アクティブリバランス投資法、実行マニュアル
   https://ynavi.info/mag/act2.html
  ○主なバックナンバー
   https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
  ○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2020.03.21 Sat l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://gookabu.blog.fc2.com/tb.php/684-2ca6c869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)