【6/26の日経平均】

 終値 22,512円(先週末比+33円)

【シカゴ日経平均先物 26日】(かっこ内は大阪日中比)

 円建て9月限 22,245円(-175)

【ロイター見通し概略】

 横這い、コロナは警戒との表現

 詳しくは
 https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-wklyoutlook-idJPL4N2E31L4

【勝手な個人見解!】
 ----------------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 ----------------------------------------------------------
 2021年6月末に向けての225価値想定17,500円
 ※価値想定は予想ではありません。
  市場マインドがニュートラルの場合の株価とお考え下さい。

 買い建て指数0.0%(暫定版)おおむね現金確保

 ※リバランスポイント参考値(暫定版)
   基準株価   下落時    上昇時
  ○19,500円   0%→0%   10%→0%
   19,100円   0%→10%   20%→10%
   18,700円   10%→20%   30%→20%

 ※上下指数参考値 (暫定)
   週末×1.10 24,763円  0.0%
   週末×1.05 23,638円  0.0%
   週末÷1.05 21,440円  0.0%
   週末÷1.10 20,466円  0.0%

  #リバランスポイント、上下指数については
  # https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-107.html
  #をご参照下さい

〇個人見解の補足

  さて、昨日は四季報の発売日でしたので、あまり期待もせずに
  チェックをしてみました。

  余談ですが、いつも発売日は2週目の末でしたよね?!
  今回はかなり遅れた様な?!やっぱコロナ?

  で、少々驚きの結果(下記は日経平均ベース)

  四季報の一株利益予測 約760円
  日本経済新聞社の一株利益予測 約1060円

  と・・・かなりの差が出ました。
  ここまで差があるのは珍しいです。

  大雑把に言うと、
  ソフトバンクグループが今期も赤字か否か?
  が、焦点の様です。

  ちなみに四季報の来期の一株利益予測は約1,060円。

  まあこんな先の予測なんてアテになるハズもなく、
  こんなもの?!程度に捉えておきましょう。

  ここから、妥当と思われる日経平均の想定価値は

  四季報ベース 19,000円
  日本経済新聞社ベース 21,300円

  と言う具合です。

  もう少し、今期業績が見通せる、8月頃までは
  悪い方で取っておいたほうが良さそうですよね。

  従いまして、安全マージンを含め、想定価値17,500円は
  変化なしと相成り、他人事モードは継続です。

  さて話題は飛びます。

  以前レバレッジETFも捨てたもんじゃなかった
  ・・・的な話をさせて頂きました。

  今回、さらに気になって、「SBI日本株4.3ブル」で
  ActiveRebalanceをやると、どうなるか
  ・・・シュミレーションしてみました。

  このファンド、名前の通り、日経平均の約4.3倍の値動きを
  させると言う、いわばギャンブル用みたいなファンドです。

  一般的な感覚では資産運用に使うべきものではありません。

  ところが、やってみると意外な結果になったのです。

  きちんと、信託報酬0.968%も引かれる前提で計算しています。

  もし、このファンドが10年前に存在していてActiveRebalance
  したとすると、当初の資産が7.3倍に増えたという結論。
  #年率にすると約23%

  意外と悪くない気がします。
  皆様いかがでしょうか?!

  もちろん、資金が十分にあるのであれば、先物や株365での
  レバレッジ運用した方が効率は良いです。
  #限界ギリギリの4倍弱運用w

  ですが、「SBI日本株4.3ブル」であれば

  1:100円単位で資金コントロールできる。
    つまり1000円で10段階の資産コントロールできる。

  2:(今の所)NISAの対象・・・2024年からはNGの模様。

  3:売買手数料ゼロ(カブコム、SBI、楽天の場合)

  4:最悪資金ゼロを覚悟すればよく、
    先物の様な追証の心配は不要。

    #私は先物や株365でレバレッジ投資する場合、
    #最悪、資金の10%は残せるように、
    #プットオプションを買って、
    #追証に備える事をお勧めしています。

    #ところが、ファンドでは追証はありません。
    #最悪はゼロです。

    #資金の10%を別に確保しておく事で、似たような
    #リスタート運用が可能で、
    #オプション云々は考える必要なくなります。

  と言う事で、まだ資金が少ない方にとっては、手軽で有効な
  選択肢と言えるかもしれません。

  但し、以下4点は心しておいてください。

  1:9,451円でスタートした運用が、一時は4,000円割れまで
    行きました。当然ですが、値動は強烈です。

  2:この手のファンドは4.3倍の運用が出来ていない事も結構
    あります。(値動きが激しい時には追従出来ない?!)
    この影響で、リターンは劣化する可能性があります。

    #実際に3.8倍程度の運用になる日もあるようです。

  3:この手のファンドは繰り上げ償還の可能性が高いです。
    その時はすぐに、他の類似ファンドに乗り換える必要が
    あります。

  4:資金の10%は常に確保するようにしておいてください。
    こうする事で「万が一」の時のリスタートが
    やりやすくなります。

  少なくても、初心者が手を出すのは止めておきましょう。
  眠れなくなってしまいそうです。

  #試しに・・・程度なら、まあどうぞ!

  インデックス投資家が聞いたら卒倒しそうですね。w
-----------------------------------------------------------
 (宜しければ下記も参考にしてください)
  ○アクティブリバランス投資法とは?!
   https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-86.html
  ○アクティブリバランス投資法、実行マニュアル
   https://ynavi.info/mag/act2.html
  ○主なバックナンバー
   https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-153.html
  ○アクティブリバランス詳細解説リンク集
   https://gookabu.blog48.fc2.com/blog-entry-53.html
------------------------------------------------------------

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2020.06.27 Sat l 週間想定 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://gookabu.blog.fc2.com/tb.php/698-f1bfd515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)