【9/24の日経平均】

 終値 9,471円(先週末比▲155円)

【シカゴ日経平均先物 24日】(かっこ内は大証終値比)

 シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 終値 9500 (+100)
 大証日経平均先物12月限      終値 9400
 ※12月先物は配当権利落ち後の値です。現物より約70円程安くなります。

【モーンングスター見通し概略】

 来週は、神経質な展開か。日銀短観、米9月ISM他の経済指標が発表され
 、それぞれの影響が注目されるが、翌週の米雇用統計の発表を控えているた
 め、方向感を探る展開が予想される。来週は日経平均株価が日足チャートで
 一目均衡表の「雲」のなかで一進一退となりそう。

【勝手な個人見解!】
--------------------------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 --------------------------------------------------------------------

 2011年3月末に向けての想定1万1000円。
 買い建て指数82%(暫定版)
 ※詳細は「収益還元法シリーズにて・・・」

〇個人見解の補足

 為替介入の効果が薄れない程度の「介入疑惑」でドルも株も売りにくい雰囲
 気継続の一週間でした。そろそろ「劇薬効果も薄れる」なんて見方もありま
 すが、代表戦前とはムードが違っていますネ。
 この雰囲気が育ってくれれば良いですね!

 ですが、このまま上とも言えませんね。あるとすれば
  ・雇用統計で景気の回復/維持が確認できた場合
  ・各企業の中間決算が良かった場合
 なのですが・・・、個人的には以前からお話している通り、今回は「下方修
 正」が結構でると踏んでいます。
 反面、この業績下方修正が「材料出尽くし」になって買い安心感が広がる可
 能性もあるワケですが・・・。

 どちらに転ぶのか良く分かりませんが、今の株価はまだまだ安いと思ってお
 ります。大雑把に言うと「買い建て維持」です。

 今回から「買い建て指数82%(暫定版)」をつける事にしました。
 ※まだ、完全な検証を終えていませんので暫定です。

 「買い建て指数82%(暫定版)」とは資金100%のうち、合理的に株の
 買い立てを推奨できる資金配分が82%と言う意味。
 とうぜんレバ2倍の方なら164%までOKですし、資金の50%キープの
 方は半分の41%に留めるとの意味合いです。
 詳しくは「収益還元・・・」の方で説明しますが、「最適化時分散ポートフ
 ォリオ」と言う考え方で算出しています。

 ここから値上がりすれば、株の比率を下げてゆきますし、反対に下げれば比
 率を上げてゆきます。

 なんにせよ、2年後には「ああ、あの頃はまだまだ安かったねぇ」・・・
 なんて言っている範囲。のんびり構えま~す!

お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.09.25 Sat l 週間想定 l top