【10/1の日経平均】

 終値 9,404円(先週末比▲67円:実質は権利落ちのみ)

【シカゴ日経平均先物 1日】(かっこ内は大証終値比)

 シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 終値 9435 (+45)
 大証日経平均先物12月限      終値 9390

【ロイター見通し概略】

 来週は小動きとなる見通し。日銀の会合や米国経済指標など、材料待ちとな
 りそう。日銀の市場の予想以上に踏み込んだ緩和政策やに対する期待感や
 円高が進行した場合の為替介入思惑で上振れる可能性もあるとみられている。
 日経平均.N225の予想レンジは9200円─9700円。

【モーンングスター見通し概略】

 来週は日銀金融政策決定会合で、追加の金融緩和策が発表されるか否かに注
 目。何も発表されないようだとネガティブで失望売り。「新型オペの拡充程
 度で済ますようでもネガティブ」。週末には米9月雇用統計が発表されるた
 め、それまで様子見か。

【勝手な個人見解!】
--------------------------------------------------------------------
 ※あくまで個人見解です。結果について、責任負えません。
 --------------------------------------------------------------------

 2011年3月末に向けての想定1万1000円。
 買い建て指数82%(暫定版)
 ※詳細は「収益還元法シリーズにて・・・」

〇個人見解の補足

 先週~今週。実質は権利落ちもあり横ばいなのですが、なんとなく下げた気
 分になってしまいますネ。
 ドルがすっかり83円台定着で介入効果はそろそろ薄れてまいりました。
 とは言え82円台にまで円を買い進むと、「介入で潰される」なんて皆も認
 識はしているのでしょう。これ以下はなかなか無さそうですね。

 株は、日銀と米雇用統計次第との見方が多数。

 だたどちらに転んでも、「多少良い」か「悪い」か程度の違いですから長い
 目でみれば小さな事という気がします。

 個人的には、多少対策打っても、今の不景気感は払拭できないと思っていま
 す。ですからやはり政府には「日本の成長戦略」を進めて欲しい物です。

 さて、毎週同じ事を言っていますが、私は日本が成長しないとしても
 ※1~2%/年低迷するとしても・・・の意味です。
 「需給/心理」がニュートラルであれば、日経平均は11000円程度の価
 値だと思っています。ですから大雑把に言うと「買い建て維持」です。

 さらに言うと成長率や業績によっては価値が13000円になる事もありう
 ると思っています。さすがにいつ頃とは言えませんが・・・

 2年後には「ああ、あの頃はまだまだ安かったねぇ」・・・なんて言ってい
 る気がしています。
----------------------------------------------------------------------
前回から「買い建て指数82%(暫定版)」をつける事にしました。
 ※まだ、完全な検証を終えていませんので暫定です。

 「買い建て指数82%(暫定版)」とは資金100%のうち、合理的に株の
 買い立てを推奨できる資金配分が82%と言う意味。

 とうぜんレバ2倍の方なら164%までOKですし、資金の50%キープの
 方は半分の41%に留めるとの意味合いです。

 詳しくは「収益還元・・・」の方で説明しますが、「最適化時分割ポートフ
 ォリオ」と言う考え方で算出しています。

 ここから値上がりすれば、株の比率を下げてゆきますし、反対に下げれば比
 率を上げてゆきます。


お役に立ちましたらポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

2010.10.02 Sat l 週間想定 l top